マウスピース矯正 igo

低価格・短期間・目立ちにくい透明なマウスピース矯正

治療期間が短く、痛みが少ない最新の治療法 「ピンポイント マウスピース矯正」

「前歯が少し出ている」「歯と歯の間に隙間がある」など、ほんの少しだけ歯並びが気になっていたりしませんか?

「ここだけ歯並びが良くなれば印象が変わるのに・・・」と思っても、「たったこれだけのために通常の矯正治療を行うのは費用もかかるし勇気がでない・・・」というお悩みを抱える方は、実は少なくありません。

 

そんな方には、最新のマウスピース矯正(iGO)がオススメ。通常の治療法と比べて治療期間が短く、痛みも少ない、お手頃価格な「ピンポイント マウスピース矯正」です。

 

マウスピース矯正とは、透明のマウスピースをお口の中にはめるだけの比較的お手軽な矯正治療です。

メリットは、装置が目立ちにくいこと。また自身で取り外せるという手軽さを兼ね備え、お食事や歯磨きをする際には取り外すことができるため、装置を清潔に保てます。

 

基本的に、お食事や歯磨きをする時間以外はマウスピースをしていただくこととなりますが、大事なお仕事やスポーツをする時などは外していただけるので、気軽に矯正治療を始められます。

マウスピース矯正(igo)とは

これまでは、たとえ軽度の歯並びの乱れであっても、大掛かりな矯正治療となってしまうことがありました。しかし、この最新のマウスピース矯正(iGO)によって歯並びを部分的に改善し、治療期間の短縮や痛みの少ない治療が可能になり、費用もこれまでの半分で済むようになりました。

 

マウスピース矯正(iGO)は、マウスピース矯正「インビザライン」の姉妹的な存在として、部分矯正用(軽度の歯並びの乱れ用)に、日本でスタートしました。インビザラインは、1999年にアメリカで治療が始まり、日本には2006年に導入されました。過去の治療データの蓄積とAIの進歩により、リスクの少ない矯正治療として成長してきたのです。現在、インビザラインは500万人以上の治療実績を持ち、世界100カ国以上に導入されています(※)。

(※)2018年現在

インプラント治療の流れ

1

初診相談≪ご相談無料≫

インプラント治療計画について、患者様の疑問点や不安な点について、何なりとご相談をお受けいたします。

↓

2

検査

CTおよびパノラマ撮影による検査データを解析。患者様に適した治療計画を立案します。

↓

3

ご説明

治療計画を詳細にご説明いたします。

↓

4

手術

インプラントの埋め込み手術を実施します。手術といっても所要時間は1時間程度で、痛みもほとんどありません。

↓

5

3か月~6か月間

この期間を治癒期間と呼び、インプラントがあごの骨と一体になるのを待つ期間です。

↓

6

歯型採取

インプラントの上にかぶせる人工歯を作るため、型どりをします。

↓

7

人工歯の装着

インプラントがしっかりとあごの骨に埋め込まれたことが確認できたら、完成した人工歯を装着します。

↓

8

メンテナンス

治療後は定期的に来院していただき、メンテナンスを行います。インプラントや人工の歯は虫歯になりません。ただし、細菌感染に弱いため、口内環境をよくしておかなくてはならないので、ご自分の歯以上の丁寧なケアが必要になります。お手入れの方法は、もちろん当院でご指導いたします。

マウスピース矯正(igo)のメリット

■治療期間は6ヶ月以内
■インビザラインに比べて費用は半額
■ワイヤーを使用した通常の矯正に比べて装置をご自身で取り外せるため、見た目や清潔性に優れている
■500万人以上のデータを元にAIが診断の治療計画をたててくれるため、リスクが少ない治療
■前歯の歯並びの不正を治すには、インビザラインよりも適している(奥歯を基点として前歯を動かしていくため)

マウスピース矯正(igo)のデメリット

■奥歯を動かすことはできない(歯を動かせる範囲には限界がある)
■噛み合わせを変えることはできない

田中歯科医院 028-663-7388