小児歯科

小児期の歯科の重要性

乳歯はいずれ永久歯に生えかわるのだから、ていねいなお手入れは必要ない……との誤解を抱いてはいないでしょうか? 幼児の間に正しい歯磨きの習慣をつけ、お口の中に虫歯菌を持ち込まないようにすることは、将来の歯の健康においてとても重要なポイントです。乳歯が虫歯になったり、正しくない生え方をしたりすることで、永久歯の虫歯や歯並び異常につながりかねないのです。

お子様の大切な歯を守るために

宇都宮の当院では、お子様の歯磨き指導・仕上げ磨きの指導、フッ素の塗布や、奥歯を虫歯から守るシーラントなどの予防治療ほか、おやつや食事のとり方のご指導まで、トータルな観点で、お子様の歯を守るお手伝いをしています。

また、頑張って歯科医院に来たお子様には、シールをあげて、やる気を高めています。
保護者の方も、ぜひ歯医者通いについてのプラスイメージを、お子様に与えてあげて下さい。

歯磨き指導

最も効果の高い虫歯予防、それはご自宅での正しい歯磨きです。
当院では、お子様の歯磨きにおいて、苦手な箇所ややり方を発見し、正しい歯磨きの方法をお子様と一緒に練習するといったご指導をしています。

正しい歯磨きは、ご自宅でできる最も効果的な虫歯予防法。お子様のお口の状態や年齢にあった歯ブラシもアドバイスさせていただきます。

フッ素塗布

乳歯だけでなく、生え変わって間もない永久歯は特に虫歯になりやすく、さらには、一度虫歯になると、すぐに大きくなってしまいます。
虫歯の予防に大きな効果を発揮するのがフッ素の塗布。歯の表面のエナメル質とフッ素が結びつくと、虫歯になりにくい歯質に変化します。

シーラント

奥歯の上部表面の噛む場所には溝があり、歯ブラシを入れにくいため、虫歯ができやすい箇所です。
この部分にプラスチックのシールを張って表面をなめらかにし、磨きやすくすることで、虫歯を予防する方法がシーラントです。
シーラント治療は歯を削る必要がなく痛みもないので、お子様にもオススメの方法です。

宇都宮で小児歯科なら、当院にお任せください。

田中歯科医院 028-663-7388